給食問題

政治姿勢

保田けんじは挑戦し続けます。
伊丹市は「職住接近都市」です。地方分権を制度・財政両面から推し進め、たくさんの人々が集まり、たくさんの人々が働き、たくさんの人々が潤い、ゆとりと笑の溢れる街であります。伊丹版地方自治を確立することに保田けんじは挑戦します。

TOPへ