給食問題

政治姿勢(2018年08月02日)

保田けんじは挑戦し続けます。 伊丹市は「職住接近都市」です。地方分権を制度・財政両面から推し進め、たくさんの人々が集まり、たくさんの人々が働き、たくさんの人々が潤い、ゆとりと笑の溢れる街であります。伊丹版地方自治を確立す…

⇒続きを読む

stance01_a

今後の展望(2018年08月02日)

「あらゆる市民の代弁者」「すべての市民の代表者」 2011年4月に市民の皆さんから伊丹市議会へ送り出していただき「中学校給食の実施」「防災施策の見直し」「投票率向上への提言」「都市ブランド戦略の推進」など、10年後20年…

⇒続きを読む

spokesman2

地域力の向上(2018年08月02日)

地域コミュニティーの活動を支援し、活性化を推し進めます。 児童、生徒の減少期に備え、空き教室の地域解放など、あらゆる世代が地域に集える環境を整えます。 高齢者、障がい者の雇用促進を官民一体で進めます。 誰もが生涯現役で働…

⇒続きを読む

entre

未来を担う次世代の育成(2018年08月02日)

子育て応援政策を推し進めます。 民間活力を取り入れた保育所の整備、待機児童の解消に取り組むと共に、伊丹市の「保育の質」の維持・向上を目指します。 子供たちの「生きる力」を育みます。 児童生徒の学力向上、体力・健康づくりの…

⇒続きを読む

future

安心な地域医療・福祉の充実(2018年08月02日)

医師、看護師等の体制整備に努めます。 市立伊丹病院における看護師等コメディカルスタッフの確保や産科の再開に向けた整備を進めます。 地域包括ケアシステム、認知症の対策に取り組みます。 平成27年には大幅な介護保険制度の改正…

⇒続きを読む

socialcare

安全で住みよい街づくり(2018年08月02日)

交通危険個所の把握・改善に取り組みます。 車の最高速度を30キロに制限する「ゾーン30」など生活道路の安全対策や危険個所の把握・改善に努めます。 防災、減災対策を推進します。 30年以内の発生確率60%~70%と言われる…

⇒続きを読む

urban01
TOPへ